葉酸は最近はサプリメントでも気軽に摂取できる

妊娠中の女性は赤ちゃんの健康のためにも葉酸を摂ろう

干物はやなぎむしがれいが高級品とされています。かれいは、低エネルギー、低脂肪、高たんぱく質で、アミノ酸スコアは100で栄養的にも優秀です。コレステロールも少なく、不飽和脂肪酸が多いので、肥満、糖尿病、心臓病、動脈硬化などの生活習慣病の人にとっては、よいたんぱく質源となります。ナイアシンなどのビタミンB群が多く、とくに皮の部分にはビタミン恥がたっぷり含まれ、肌の老化予防にもよい魚です。

またカルシウムの吸収を助けるビタミンDも豊富。ただしカルシウムは微量です。したがって五枚おろしにして、中骨をカリッと揚げるなど、骨も一緒に食べられるような調理法をくふうしてみてください。「かれいのから揚げ」や「揚げかれいのおろし煮」は、骨粗しょう症の予防によい料理です。楊貴妃が愛したライチーで白髪予防。ライチーはリュウガンやランブータンと同じ仲間の果物。日本では漢字からレイシ(蕩枝)ともいいます。中国南部からインドシナ半島にかけて栽培され、中国では紀元前から栽培されていました。

唐の玄宗の妃・楊貴妃がこの果物を好んだので、玄宗は数千里の道のりを8日八晩かけびて、騎馬に運ばせたという話は有名。それほど白色半透明な果肉は美味であり、楊貴妃の美ぼう貌を保つためにも役立った果実ともいえるでしょう。日本では沖縄、鹿児島を中心に栽培されているので、最近は缶詰や冷凍品ではなく、生も入手できるようになりました。生は芳香があり、甘く、多汁で美味。栄養的には、銅、葉酸、ビタミンCに富んでいます。ビタミンCの含有量はバレンシアオレンジとほぼ同じです。
永田町にも近いおしゃれな居酒屋 赤坂。鳥のつくねはほんとにおいしかったです。わいわい騒ぐんではなくて、大人の雰囲気でいろいろと語り合いながら飲みたくなるお店でした。
この間は驚きました。居酒屋 池袋でなんと枝豆が食べ放題だったんです!どれだけ食べてもいいと聞いて、3杯ほど食べてしまいましたけど、すごくいいサービスですね。


えのきたけは肥満、糖尿病を予防する私たちが食べているえのきたけは、人工栽培のものです。野生のものは晩秋から早春にかけ、えのき、かき、いちじく、ポプラ、ぶななどの枯れ木に生え、柄が短く傘が大きく栗色をしています。野生のものは食用にはあまり適しません。

栽培ものは暗い室内で生育させるため、茎が長く傘が小さく淡色。適度な粘質とコリコリした歯ざわりが特長です。グルタミン酸やグアニル酸などの旨味成分などが一体となって、おいしさを引き出しています。日本ではしいたけにつぐ生産量で、1年を通して簡単に入手できます。疫学調査によると、えのきたけを週に4~5回食べている栽培農家では、がんによる死亡率が低いという結果が出ています。

What's New
2013/09/18 Recommendを更新しました。
2013/09/14 新着記事を更新しました。
2013/09/13 理想的な料理を更新しました。
2013/09/10 不可欠な食材を更新しました。
2013/09/08 ビタミンAをこわす酵素を更新しました。
2013/09/06 血管を老化させる要因を更新しました。
2013/09/05 妊娠中の女性は赤ちゃんの健康のためにも葉酸を摂ろうを更新しました。
2013/09/02 ホームページをリニューアルしました。

注目サイト
サン・クロレラ研究サイトキューピーの栄養補助食品通信販売化粧品通販オージオ
クロレラやアガリクスなどの健康食品の健康効果について科学的に検証したサイトです。キューピーは、マヨネーズなど食品が有名な会社ですが、サプリメントも作っています。グルコサミン&ヒアルロンサンです。健康食品で美肌づくりを応援するための通販サイトです。一定額以上の購入でサンプルが多数もらえます。